自宅で参加できる読書会
NO. 00159150 DATE 2020 01 24

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

twitterアカウントで今すぐ参加する

※twitterのアカウントで参加できるようになりました!(新規登録手続き不要)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

キーワードを設定して記事を絞り込む

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [341]

巫女(9784003275726)

P.156 の気になるフレーズ

どうして老女はあそこの、あの谷間でのわしらの愛の秘密について、わしら二人だけのものだと思っておった愛の、他の者の汚れた考えや言葉で決して触れられるべきではない愛の秘密について、ついに探り当てたんじゃろうか、このことが今でも解せぬわい。

巫女(9784003275726)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-01-04 08:10:45

巫女(9784003275726)

P.154 の気になるフレーズ

でも、これは、わし自身が守りおおせた秘密で、誰にもこれっぽっちも悟られずにわしの体内で起こっておった何かじゃった。だからこそ、幸せはよけいに大きく、そして、よけいに素晴らしくなっていった。この身に起こっておる奇跡がなおいっそう希有なものになっていったんじゃ。

巫女(9784003275726)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-01-04 07:59:18

巫女(9784003275726)

P.137 の気になるフレーズ

愛なんて優しさとはほとんど無関係だってことを心の奥底で認めにゃならんことが辛かった。

巫女(9784003275726)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2020-01-04 07:52:05

巫女(9784003275726)

P.133 の気になるフレーズ

あの最初のとき以来、わしがあんな情熱であの人を抱いたことはなかったように思う。あの人への愛はかつてないほど熱く、感謝に満ちておった。そして、それをあの人に示したかった。

巫女(9784003275726)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-01-04 07:43:17

巫女(9784003275726)

P.114 の気になるフレーズ

こんな風にしてわしらの生活は過ぎて行った。春が深まり、谷間のわしらのところは、そして、この大きな深い谷中が、そりゃ美しかった。

巫女(9784003275726)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-01-04 07:30:29

群盗(9784003241011)

P.18 の気になるフレーズ

フランツ あれほど、優しい、貴いお子はありますまい、その永遠の研究課目は、父を亡きものにすることだ。

群盗(9784003241011)

総コメント数:3 投稿者:goodbook 投稿日:2019-12-29 08:35:51

群盗(9784003241011)

P.18 の気になるフレーズ

フランツ あれほど、優しい、貴いお子はありますまい、その永遠の研究課目は、父を亡きものにすることだ。

群盗(9784003241011)

総コメント数:3 投稿者:kukka55 投稿日:2019-12-28 12:34:18

巫女(9784003275726)

P.110 の気になるフレーズ

わしが離れられなかった、自分を引き離すことができなんだあの大祭、あの荒々しさ、あの恍惚、あの神憑り――人間の顔に浮かんだこの平安に比べたら、この平安をもつことに比べたら、あれは一体何だったんじゃ?

巫女(9784003275726)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2019-12-27 06:23:55

群盗(9784003241011)

P.18 の気になるフレーズ

フランツ あれほど、優しい、貴いお子はありますまい、その永遠の研究課目は、父を亡きものにすることだ。

群盗(9784003241011)

総コメント数:3 投稿者:goodbook 投稿日:2019-12-27 05:56:29

巫女(9784003275726)

P.98 の気になるフレーズ

この人は誰よりも神殿を愛し敬っておった。神殿はこの人の命じゃった。でも、神様のことも愛しておった、儀式ばった仕方でもなく、神を喧伝するわけでもなかったが。

巫女(9784003275726)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2019-12-26 06:56:12

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [341]