自宅で参加できる読書会
NO. 00166240 DATE 2020 02 29

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

twitterアカウントで今すぐ参加する

※twitterのアカウントで参加できるようになりました!(新規登録手続き不要)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

キーワードを設定して記事を絞り込む

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [349]

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.230 の気になるフレーズ

──これほど退屈しなければ、退屈な男でもないだろうし。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:kukka55 投稿日:2020-02-23 14:45:13

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.213 の気になるフレーズ

──こんなロゼットを見て、ぼくはすでに彼女の愛人であって、これから愛人になる身ではないことが口惜しかった。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-23 06:31:10

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.208 の気になるフレーズ

二人の関係にはまだ切れた横糸は見えないが、あちこちにもつれた結び目ができて、縦糸もきちんと揃っているとは言えない状態だ。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-23 06:26:39

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.213 の気になるフレーズ

──こんなロゼットを見て、ぼくはすでに彼女の愛人であって、これから愛人になる身ではないことが口惜しかった。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:kukka55 投稿日:2020-02-22 19:59:50

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.208 の気になるフレーズ

二人の関係にはまだ切れた横糸は見えないが、あちこちにもつれた結び目ができて、縦糸もきちんと揃っているとは言えない状態だ。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:kukka55 投稿日:2020-02-22 19:57:32

アメリカーナ(9784309207186)

P.289 の気になるフレーズ

オビンゼはふたたびスリランカかバングラデシュの女性のことを、抜け出したばかりの深い悲しみを秘めたその面影を思い浮かべ、母親のこと、イフェメルのこと、そして自分のために描いてきた人生のことを思った。そして自分がさしあたり送っている、仕事と読書でうわべを取り繕い、パニックと希望をやりすごす人生のことを思った。こんなに孤独に感じたことはなかった。

アメリカーナ(9784309207186)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-21 05:57:10

アメリカーナ(9784309207186)

P.270 の気になるフレーズ

「オーケー、マミー」ンネにはこれからずっと大人を喜ばせつづけると決意している子供の真剣は物腰があった。

アメリカーナ(9784309207186)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-19 06:00:03

アメリカーナ(9784309207186)

P.276 の気になるフレーズ

エメニケは「読むこと」がたんなる「勉強」ではないと考えている数少ない人間で、何時間でも本について語り合い、知識を交換し、スクラブルをして遊んだ。

アメリカーナ(9784309207186)

総コメント数:3 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-19 05:47:47

アメリカーナ(9784309207186)

P.267 の気になるフレーズ

チェロ。ピアノ。ヴァイオリン。宿題。公文。

アメリカーナ(9784309207186)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-18 06:25:33

読書という荒野 読書という荒野(9784344033054)

P.86 の気になるフレーズ

僕は人と会うときは、常に刺激的で新しい発見のある話、相手が思わず引き込まれるような話をしなければいけないと思っている。たとえ30分でも僕と会った人には、「見城さんって、何度でも会いたくなる面白い人だね」と言われなければ絶対に嫌なのだ。

読書という荒野 読書という荒野(9784344033054)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-02-18 06:17:45

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [349]