自宅で参加できる読書会
NO. 00173140 DATE 2020 03 30

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

twitterアカウントで今すぐ参加する

※twitterのアカウントで参加できるようになりました!(新規登録手続き不要)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

キーワードを設定して記事を絞り込む

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [359]

フラニーとズーイ(9784102057049)

P.150 の気になるフレーズ

彼の謝罪は心からのものだった。ミセス・グラスにもそれはわかっていたが、つけこむ隙としてそれを利用する誘惑にはどうしても勝てなかった。(中略)「おまえには親切心ってものがまるでないんだね、ズーイ。もう大人になったんだから、意地悪い気持ちになっても、ちょっとした親切心を発揮しようという姿勢が、少なくともその姿勢くらいは、あってもいいはずだよ。バディーは少なくとも場合によっては――」。

フラニーとズーイ(9784102057049)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-24 06:07:07

フラニーとズーイ(9784102057049)

P.85 の気になるフレーズ

世界広しといえど、目に見えないイタリックを使って手紙を書ける女性は、母さんの他にはまずいまい。

フラニーとズーイ(9784102057049)

総コメント数:3 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-24 05:36:18

フラニーとズーイ(9784102057049)

P.85 の気になるフレーズ

世界広しといえど、目に見えないイタリックを使って手紙を書ける女性は、母さんの他にはまずいまい。

フラニーとズーイ(9784102057049)

総コメント数:3 投稿者:kukka55 投稿日:2020-03-23 20:38:23

フラニーとズーイ(9784102057049)

P.85 の気になるフレーズ

世界広しといえど、目に見えないイタリックを使って手紙を書ける女性は、母さんの他にはまずいまい。

フラニーとズーイ(9784102057049)

総コメント数:3 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-23 06:02:24

フラニーとズーイ(9784102057049)

P.80 の気になるフレーズ

本書にはこのあと、七人の子供たちのうちのいちばん年若い二人しか、直接的には登場しない。しかしながら残りの年長の五人はかなり頻繁に、このプロットにひそやかに出没することになる。まるでバンクォーの亡霊(訳注『マクベス』に出てくる)がうようよいるみたいに。

フラニーとズーイ(9784102057049)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-23 05:57:05

読書論第20刷改版(9784004150879)

P.50 の気になるフレーズ

元来読んだものについて疑義を質し合い、論じ合うということは、読書家にとって何より楽しく、この点からいって読書会というものの価値は極めて大きい。

読書論第20刷改版(9784004150879)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-21 07:14:56

読書論(9784004150879)

P.33 の気になるフレーズ

「鼻のところにて、『フルヘッヘンド』〔綴りはVerheffend〕せしものなりとあるに至りしに、此語わからず。(中略)其頃『ウォールデンブック』釈辞書といふものなし。ようやく長崎より良沢求め帰りし簡略なる一小冊ありしを見合たるに『フルヘッヘンド』は釈註に、木の枝を断ちたる迹、其迹『フルヘッヘンド』をなし、又庭を掃除すれば、其塵土聚り『フルヘッヘンド』すといふ様によみ出せり。これは如何なる意味なるべしと、又例の如くこじつけ考ひ合ふに、弁へ兼なり。時に、翁(玄白)思ふに、木の枝を断りたる跡癒れば堆くなり、又掃除して塵あつまればこれもうづだかくなるなり。鼻は面中に在りて堆起せるものなれば、『フルヘッヘンド』は堆といふことなるべし。然れば此語は堆と訳しては如何といひければ、各々之を聞て甚だ尤なり、堆と訳さば正当すべしと決定せり。其時のうれしさは何にたとへんかたもなく、連城の玉をも得し心地せり」

読書論(9784004150879)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-19 05:24:12

読書論(9784004150879)

P.24 の気になるフレーズ

私の特に言いたいと思うのは、大抵の本は繰り返して読めば解るもの、また意外によく解るものだと謂うにある。要するに、本を恐れずに読むこと、難解の箇処に出逢っても、それに辟易しないで読み進むことを、私はすすめたいのである。

読書論(9784004150879)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-18 05:57:14

読書論(9784004150879)

P.16 の気になるフレーズ

読む本のページ数のみを数えて喜ぶのは無意義であるが、努力して大冊を征服することは、人生の勉強としても大切なことであり、十数日、或いは数十日わき目もふらず一冊の本に取りついて、それを読み、且つ読みおえるという努力と忍耐とは、必ず人に何物かを与えずにはおかない。

読書論(9784004150879)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-18 05:51:00

平生の心がけ(9784061588523)

P.223 の気になるフレーズ

それは、人は信ずべきものだという道念と、人を一々疑っているよりも、人を信じてかかる方が全体として有利だという実際的考慮と、その両方から来ているであろう。

平生の心がけ(9784061588523)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-03-17 05:25:40

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [359]