自宅で参加できる読書会
NO. 00187218 DATE 2020 05 29

Web読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

キーワードを設定して記事を絞り込む

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [370]

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.257 の気になるフレーズ

あの人、先にわたしを捨てるほど強くはないのよ。それにほんとの意味の愛はなくても、快楽の習慣に馴染んでしまったので、今は別れたくないらしいわ。別れられない一番の理由はそれよ。――わたしが手を貸さなければ、最後の審判の日まで、いえ、もっと先まで、うんざりしながらもまじめにわたしと付きあえる人なの。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-14 06:18:38

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.253 の気になるフレーズ

細めに開いたドアから入ってきたのは、誰あろう、煩悶するダルベールの恋人、ロゼット姫その人であった。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-14 06:05:40

自負と偏見(9784102131039)

P.379 の気になるフレーズ

それにしても、いつごろ建てられたものだろうかなどと、エリザベスが考えているときだったが、厩舎へ通じる裏手の道から、突然この家の主人が、姿を現わしたのだった。

自負と偏見(9784102131039)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-14 04:31:51

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.182 の気になるフレーズ

何が足りなくてロゼットはその女性になれないのか?――ぼくがそうと信じるだけでいいのに。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-13 06:28:39

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.149 の気になるフレーズ

それでもなお、心の奥で秘かな声がぼくを責める。真実の恋に背いて、こんなふうに愛してもいない女の微笑みにあっさり捉まってしまうのか、世界中を経めぐり、修道院、悪所、宮殿、旅籠屋を捜しまわり、王女であれ女中であれ、修道女であれ浮気女であれ、ぼくのために生れ、神がぼくに定めた女性をどこまでも求めて行くべきではないのか?

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-12 18:39:31

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.153 の気になるフレーズ

今やぼくは薔薇色夫人の公認の愛人だ。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-12 07:06:53

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.149 の気になるフレーズ

それでもなお、心の奥で秘かな声がぼくを責める。真実の恋に背いて、こんなふうに愛してもいない女の微笑みにあっさり捉まってしまうのか、世界中を経めぐり、修道院、悪所、宮殿、旅籠屋を捜しまわり、王女であれ女中であれ、修道女であれ浮気女であれ、ぼくのために生れ、神がぼくに定めた女性をどこまでも求めて行くべきではないのか?

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-12 07:00:33

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.144 の気になるフレーズ

ぼくが思い切ってかなり強烈な甘い言葉を、しかし上品なヴェールに包んで、言ってみると、彼女の肌には半透明の盃に注いだ薔薇色のリキュールのように控えめな赤い筋が二、三本あえかに浮かんだようだった。

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-12 06:48:58

モーパン嬢 上(9784003257456)

P.115 の気になるフレーズ

そうだ、友よ、ぼくは家に戻ってきた!

モーパン嬢 上(9784003257456)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-10 05:32:23

続・読書と読者(9784820419068)

P.100 の気になるフレーズ

レッサーは40歳代のとき、20年から30年前に初めて読み、自分に多くの意味を持った本を再読した。(中略)レッサーは、「2人の自分がいることに気づく。というのは同じ本に異なる反応をする自分を感じるからである。もっとも完全に違うというわけではなく、2人の自分が共有する中核となる経験がある」(Lesser 2002, 4)と記している。

続・読書と読者(9784820419068)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-09 06:37:47

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [370]