自宅で参加できる読書会
NO. 00187953 DATE 2020 06 03

Web読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

キーワードを設定して記事を絞り込む

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [370]

変わったタイプ(9784105901516)

P.250 の気になるフレーズ

 古いタイプライターなんて買うつもりではなかった。もう何も欲しくなかった。持ち物を増やす気がなかった。

変わったタイプ(9784105901516)

総コメント数:4 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-05 07:44:15

変わったタイプ(9784105901516)

P.250 の気になるフレーズ

 古いタイプライターなんて買うつもりではなかった。もう何も欲しくなかった。持ち物を増やす気がなかった。

変わったタイプ(9784105901516)

総コメント数:4 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 15:37:51

アウステルリッツ(9784560027349)

P.52 の気になるフレーズ

時ならぬ悲運に見舞われて亡くなった人間は、寿命をだまし取られたことを知っていて、もう一度甦ろうとねらっている、というのです。

アウステルリッツ(9784560027349)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 15:25:00

アウステルリッツ(9784560027349)

P.33 の気になるフレーズ

駅は幸福な場所とも不幸な場所とも感じられて、そこにいると時々とてつもなく危うい、わけのわからない感情の波に引き攫われてしまうことがあった、とアウステルリッツは語った。

アウステルリッツ(9784560027349)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 15:18:41

アウステルリッツ(9784560027349)

P.32 の気になるフレーズ

けれどももう一方でたしかに言えるのは、自分がおのれ自身にもよくわからないなにかの衝動にしたがってきたということであり、そしてその衝動は、ごく早いうちから気づいていたのだけれども、ネットワークの概念、たとえば鉄道網のシステムのようなものに強く心を惹かれることとどこかで繋がっている、というのだった。

アウステルリッツ(9784560027349)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 15:09:51

アウステルリッツ(9784560027349)

P.14 の気になるフレーズ

もっとも、けた外れに巨大な建設計画は、往々にして人間の不安の度をなにより如実に写しているものなのです。

アウステルリッツ(9784560027349)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 14:59:22

アウステルリッツ(9784560027349)

P.5 の気になるフレーズ

もうひとつ脳裡によぎったのは、観客が去って園が閉まったあと、本当の夜がはじまりをつげたときに、この夜行獣館の住民のために電燈は灯されるのだろうか、それならこのさかしまの小宇宙にも昼が来て、彼らもいくらかなれ心穏やかに眠りにつけるだろうに、ということだったと思う。

アウステルリッツ(9784560027349)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 14:46:33

アウステルリッツ(9784560027349)

P.91 の気になるフレーズ

朝早く起きて見ると、蛾が壁にとまったまま、じっとしている。彼らはおのれが行く先を誤ったことを承知しているのだと私は思うのです、とアウステルリッツは語った。

アウステルリッツ(9784560027349)

総コメント数:2 投稿者:kukka55 投稿日:2020-04-04 14:36:02

続・読書と読者(9784820419068)

P.50 の気になるフレーズ

ジャクソン(51)は読者が本に書き込む方式には昔から一貫性があると指摘している。
今日の読者は中世の読者と同じことを続けているが、個人の感想の記録ははるかに多くなっている。読者は本の内容を学び記憶する手段として本に書き込み、誤りの指摘や役立つ適切な情報の追加によって図書を向上させる。

続・読書と読者(9784820419068)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-04 12:18:20

続・読書と読者(9784820419068)

P.44 の気になるフレーズ

リュシアン・フェーヴルとアンリ=ジャン・マルタン(1976)は、1450年から1500年の間にヨーロッパで活字テキストが爆発的に作成されたことについて、驚くほど詳細に記述した。1450年にはヨーロッパ全域で1台の印刷機しかなかったが、1500年になると1万5千タイトル以上が刊行され、約2千万冊の書物が印刷されていた。

続・読書と読者(9784820419068)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-04-04 12:13:46

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [370]